利用事例

息子と共同名義の自宅をリースバック。事業の借入れを完済、老後資金も確保。

同居ご家族:ご本人+子ども1人

■息子が家業で借金をかかえ、返済が遅れるように。

10年ほど前に主人が亡くなった際、自宅は同居していた息子と私の共同名義にしました。息子は、脱サラして家業を継いだのですが、店舗が老朽化していたため銀行から借入れをして店舗を改装することに。売上げは堅調でしたが、月々の返済負担が重くのしかかり、返済はいつしか遅れがちになっていました。

■リースバックで借入れを完済。家業も何とか続けられそうです。

そんな時、息子が知り合いからリースバックという方法があることを教えてもらったのです。リースバックは、所有している不動産を売却するためまとまったお金を手にすることができるうえ、そのまま不動産を使い続けることができる方法です。主人の代からうちの店を贔屓にしてくださっているお客様も多く、どうしてもこの場所で商売を続けていきたいという息子の願いがかないほっとしました。少し心もとなかった自分の老後資金も手に入り、ひと安心です。

 

お問合せはこちら 東日本0120-155-465 西日本0120-723-739 平日8:45〜17:30 土日祝は休み/資料請求/ネットでお問合せ(24時間受付中)
お問合せはこちら 東日本0120-155-465 西日本0120-723-739 平日8:45〜17:30土日祝は休み
資料請求/ネットでお問合せ(24時間受付中)