融資事例

借地権付き建物を担保に事業資金を借入れ

ご職業:理美容業(個人事業主)
担保不動産:店舗兼ご自宅(借地権付き建物)
担保借入先:なし

■お客様のお困りごと■
借地権付き建物では、地元の金融機関から融資を受けることができない。


・父親から相続した借地権付き建物は店舗兼自宅として使用している。借地権の更新のタイミングで大規模なリフォームをしたが、予算を大幅にオーバーし、地主に支払うリフォームの承諾料と借地権の更新料に不足が出てしまった。
・地元の信用金庫から借地権付き建物を担保に融資はできないと断られ、困っている。
・返済期間を長くすることで、月々の返済額を抑えた借入れが希望。

■当社のご提案内容と融資後の状況■
当社基準で借地権の残存期間内で融資を実行。


・借地権付き建物ではあったものの、リフォーム済みであるため担保評価が出た。
・地主様からご承諾いただき、当社基準の評価で建物に担保権を設定。
・返済期間は借地権の残存期間内である20年に設定し、月々のご返済額を抑えることができた。

 
ネット申込みはこちら(24時間受付中)FAX申込みはこちら(24時間受付中) ネット申込みはこちら(24時間受付中)FAX申込みはこちら(24時間受付中)